産後ダイエット食事メニューレシピ考えてみた

ダイエットは女性の永遠のテーマだと思います。 誰しもが綺麗な体系を維持し、若くいたいと本当はそう思っているはずです。 しかし、少しした気持ちの緩みですぐに挫折に落ちいる人が多いのも事実かもしれません。 まず、真剣に痩せたい!と考えているのならその気持ちを維持するために、ゴールの体系の人の写真や切り抜きを日々目にするところに貼りましょう。効果的な場所は冷蔵庫の扉の前です。 甘いもの、ジュースをちょっとだけその気持ちを抑える味方になるでしょう。妊娠して数カ月が過ぎたころ、つわりがおさまって、それから急に体重が増えてしまいました。 このまま体重が増えると、妊娠中に病気にかかると言われたため、ダイエットすることになりました。実際には食事の内容を見直すことしかしていませんが。 これまではあまり制限無く食べていましたが、野菜中心の食事にゼロカロリーのものに限ったおやつなど、満腹感を感じるけれどカロリーの低いものに変えました。 内容を変えるだけで、満腹になるまで食べていますが、太ることなく、続けられています。 ダイエットをする時は、バランスのよい食事をとり、効果的な運動をすることが大切です。 運動しなくても食事を大きく制限するダイエットは一時的な効果は出ますが、リバウンドしやすくなります。甘いものや脂が多いものは避けて、低カロリーで高たんぱくのものや繊維質が多いものを食べて、定期的に運動する生活をしましょう。 脂肪より筋肉の方が重いので、運動を始めてもすぐには体重の変化が表れにくいですが、筋肉量が多くなるほど、脂肪を燃焼し、体が引き締まっていき、「太りにくいボディ」がつくられるのです。 ダイエットをしようと意気込むよりも、痩せることを習慣付けるが大切だと思います。 消費する分より、増えるカロリーが多いから太るので、ダイエットにはこの消費する分を増やすことが肝心です。 そのために、タイムイズダイエットという考え方を知りましょう。つまり、時間を大切にする意識が痩せることに繋がるのです。 今やれる仕事はすぐに取り掛かるようにしましょう。掃除、洗濯、後片付けなど何でも思いついたらすぐさま動くことを心がけていると自然に体重は減って行くはずです。 一言でダイエットと言っても、幅広い方法があります。その中でも体を温めて新陳代謝をあげる方法は、美容にもよくオススメします。 なるべく冷たいものは控えて体を温める食品や飲み物をとる、シャワーで済ませず湯船に入るなど、日常生活のちょっとした工夫でできると思います。 朝に飲むコップ1杯の白湯は特にいいと言われています。まずはそこから始めてみませんか。