産後ダイエットは正しい方法で行おう

産後ダイエットを開始したけど、思ったように体型が戻らない

 

実は、多くの出産後のママが悩むことのひとつです。
芸能人なんかは、出産するとあっという間に元のやせたキレイな体型になっているのになんで!?と不思議ですよね

 

素人考えではなく、きちんと正しい産後ダイエットのやり方を学んで実践しましょう。

 

産後ダイエットは時間との勝負

産後ダイエット@キレイなママになりたい!間違いない体型戻し方法

 

効率よく痩せるには、バランスの摂れた食事をし、適度に運動することが大切です。

 

食事を通して体に栄養を取り入れ、一日のうち少しでもいいので、運動しましょう。体が脂肪を燃やし始める20分が運動時間としては理想的ですが、難しければストレッチや筋トレだけでもOKです。短期間で大幅な効果を期待するのではなく、時間をかけながら少しずつ脂肪量を減らしていけば自ずとに体重も減っていくでしょう。

ダイエットを始めようと思ったのは今より流行の洋服をキレイに着たいと感じたからです。子育てで忙しいというのを言い訳にして、自分の身だしなみに気を配らず、気持ちの若さやオシャレと縁がなくなっていき、遊びに行くのも腰が重くなってしまいました。着飾って遊びに行くのを楽しみたい、オシャレな服を着たい、若々しいママでいたい、なつかしい顔に会ってドン引きされたくない、ダイエットをしていきたい理由は数え切れません。肝はダイエットをどのようにして続けるのかです。

ダイエットと一言で言っても、色んな方法があります。
その中でも体を温め血流を良くする方法は、よく美容にもオススメです。

 

一日の開始は白湯

体が冷える飲み物や食べ物はなるべく控えてお風呂もシャワーで済ませないで湯船に浸かるなど、ちょっとした工夫を日常生活の中でできると思います。
朝に飲むコップ1杯の白湯は特に体にいいと言います。

 

まずは些細なことから始めてみませんか。

 

妊娠中に太った原因を考える

妊娠してからしばらくするとつわりが無くなったこともあり、一気に体重が増えました。
このまま体重が増えると、妊娠中に病気にかかると言われたため、ダイエットすることになりました。
私がやったのは、食事の内容を改善しただけです。

 

今までは食べたいだけ食べていましたが、野菜中心の食事にし、間食もゼロカロリーのゼリーなど、満腹感は感じられつつ、摂取しているカロリーは少ないように変えました。質を変えたうえでお腹いっぱいまで食べてますが、特に体重が増えすぎることなく、順調です。
私は今ダイエット中です。

 

昔、ダイエットを、行った時は体も細くなりましたが健康も損なったので今は運動と食事に配慮しています。
運動はウォーキング、ダンス、バトミントン、縄跳びや筋トレを欠かさず行っています。
食事は一般的な人の半分程度です。また、体が痩せたとしてもメンタル面が悪くなるといいことにならないのでヨガをして気持ち良くしています

 

産後ダイエット@キレイなママになりたい!間違いない体型戻し方法

 

テレビやインターネットなどで毎日のようにダイエットに関する情報を目にしますが、情報が多すぎて何を信じたらいいのか迷ってしまいます。
どれを採用するにしても、健全な状態を害するようなやり方だと、生理が止まったり骨がやわくなったりするので、無理なく取り組むことが第一です。

 

 

効率よく痩せるには、バランスの摂れた食事をし、適度に運動することが大切です。
食事を通して体に十分な栄養を取り入れ、毎日すこしずつでいいので、体を動かしましょう。脂肪が燃焼を始める20分が丁度よい運動時間ですが、それも難しければストレッチや筋トレも十分効果があります。短い時間で大きな成果が出ることを望まず、時間をかけながら少しずつ脂肪量を減らしていけば自然に体重も落ちていくことでしょう。
食事量を減らせばダイエットできるというものではありません。
食事の量を減らせば一時的に体重は落ちますが、栄養が足りていないと体が判断すると食事から普段以上に栄養を吸収しようとします。

 

そのため、食事量を元に戻したとたん太ってしまうリバウンドの原因です。
ただ体重の変化だけに注意するのではなく、内臓脂肪や筋肉量といった身体の内側に目を向け太りにくい身体作りを目指すことです。
北国の恵みの口コミを確認

 

産後ダイエット@キレイなママになりたい!間違いない体型戻し方法

 

ダイエット中、水分補給に炭酸水のレモン味やグレープフルーツ味などの柑橘系を飲むようにしてます。野菜中心の食事にできるだけし、肉や魚も摂取しながら買い物に行き、自分で料理をするようにしています。ダイエットに効果的な乳酸菌ドリンクやヨーグルトを食べ、便秘予防するようにしています。

 

 

 

ウォーキングエクササイズすることで、できるだけ自分の足を使い歩くことで体重が減るように心掛けています。毎日体重測定をし、体重をノートに記録することでダイエットへの挫折をしないようモチベーションを上げています。